上高地、恐怖のラストナイト

今回のテントはモスのスターゲイザーにしました。

登山用に買ったローカスギアを持って来なかった理由は、シームシール加工をしてなかった為…
でもそれ以前に上高地でモスを貼ってみたいという気持ちもあり。
しかし、この選択肢が恐怖を引き起こすとは。

前夜と同じく小梨平食堂にて五一ワインとお漬物のマリアージュで気分を良くし
おつまみと小さいワインを買ってテントへ。
疲れている事でもあり、早々に就寝し
0時頃にトイレで目が覚めて灯りを点けたら…

魔法の絨毯タイベック by ジュリーおろか
床に敷いてたあらゆる物が濡れてる。
しかも寝起きで全く自体を把握出来ず。
外に出てみて、テントを貼った場所が水捌けの悪過ぎる場所だと気付いた頃には既に遅し。
浸水していない乾いた服と豆炭を確保し、逃げるように管理棟へ…。
なんとかお風呂前のベンチにて風もなく屋根もある場所を確保し
豆炭の暖かさに命を預けるくらいの勢いで夜明けを待ちました。
ほんと豆炭がなかったら、凍えてるくらいの気温で。
荷物なるけど、持っていっててよかった。
自動販売機であったかい飲み物を買ったり、スマホで時間つぶししてたら
あっという間に夜が明けました。

太陽の光がこんなに嬉しいとは…w
テントに戻ると、シュラフが完全に浸水。
テントとシュラフをいつものクリーニング屋さんに頼んで
手早く撤収して、早々と帰路へ。

梓川にゆっくりさよならも言えず…
また来年もよろしく、の気持ちで帰ってきました。
上高地は毎年恒例にしようと決めました。

番外編に続く。

上高地 #4

翌朝、小鳥のさえずりで目が覚める。

朝ごはんは棒ラーメンと前の日にお土産屋さんで買っておいたウィンナー。
朝からこの景色…もう何食べても美味しい。

河童橋近くの温度計、20℃に届かず。
とにかく涼しい。
上高地に来た記念に帝国ホテルでティーブレイクしようと決めていました。
小雨の中、バスターミナルから歩く事数分。

上高地の中でも一際目立つ建物。
イメージしていた感じではなかったけど、なんか感動

マントルピースを眺めながら紅茶。

帝国ホテルと聞いて、やっぱ山の服じゃあかんと思い
ちゃんとした服を持っていったにも関わらず
周りを見渡せば超山ルックの方のみ。
逆に恥ずかしかったです。
そして、飲み終わって速攻着替えました。

帰り道はウェストン碑を見に行く為に違うルートで。
ここでもお猿さんがいてて🤣
さすが大自然、上高地。

ウェストンさん。
こんな時代に異国で山登りしはってすごいな。
司祭と山登りってなかなか結びつかへんけど。

恐怖のラストナイトに続く。

上高地 #3

岳沢小屋から帰還した後は、早めのお風呂に入ろうと思い
キャンプ場内の温泉へ。
ここのキャンプ場は食堂や温泉に売店まで完備されていて
なかなかの高規格なのでした。
お風呂でさっぱりした後は、小梨平食堂にて…

枝豆とビールと冷奴(^^)
完全に居酒屋メニューでまったり。
穂高連峰が見える特等席で飲む生ビールは格別!

2日目は雨予報の為、フライもいつもよりきっちり気味に。
どうしても上高地でスターゲイザー張りたかったのです。
この選択肢が…以下自粛。

車移動と往復4時間のトレッキングが堪え
8時前には就寝。
星見れず。

続く。

上高地 #1

7月の三連休、初めての上高地に行ってきました。
三連休の渋滞を避けるのと、上高地を存分に堪能する為に
夜中に出発。
が、多賀SAで限界に達し仮眠。

沢渡の駐車場に止めてタクシーで上高地へ。
梓川の清流を横目に早足で小梨平キャンプ場へチェックイン。
ベスポジにテント張れた!
この場所を選んだ事が後に大変な事態を引き起こすとは、この時点で頭の片隅にもなく…

とは言え、穂高連峰が見えるほんとにいい景色なんです。
このキャンプ場。

設営後は上高地散策。

河童橋から少し歩くと岳沢湿地に。
ここ日本なん?と何回思った事か。


続く。

カフラ・シル初張り

3月に注文したカフラ・シルがやっっっっっっっと届きました。
待つのが苦手な私にとっては、とても長く感じ…
そして買った事を忘れていましたw
早く張りたくて、週末は天川村へ。

すっかり日差しは夏で、設営中も汗がダラダラ。
モスのスターゲイザーも張りやすいけど、これはもっと簡単。
ポールはテントと一緒に購入したトレッキングポールで。
CP3のジョイントで長さを調節してこの高さにしました。
ポール1つ荷物が減るだけで、積載がすごく楽になるのですね。
写真は撮り忘れましたが、山と道mini2に全部☟入りました。
・テント(カフラ・シル)
・イス(ヘリノックス)
・シュラフ(ナンガ)
・着替え類 etc…(他は忘れたw)

完成したテントを眺めながら飲むビールは格別。
インナーはカフラ4/5メッシュを。
靴置き場にもなるように、これにしました。
メッシュはノーシーアム・メッシュと言って、
小さな虫も通さない程細かいメッシュ。

写真 2017-05-20 16 57 29

荷物はmini2とモンベルのメッシュザックにギアを
DuoのNewport Dual Compartment Toteに調理器具・食器を。

igloo-duo-dual-compartment-20-can-cooler-newport-blue-igloo-travel-coolers

米Amazonで購入して以来、全く出番がなくて
お蔵入りしていたこのバッグ。
めっちゃ入るし、持ちやすいし、何よりもクーラーが予想以上に冷える。
ネイビーとスエード部分のキャメルのデザインもかわいいし、
買ってよかった品BEST10に入るぐらい。

夕方はみたらい遊歩道を散歩。
キャンプでは幾度となく訪れている天川村ですが、
みたらい渓谷とみたらい遊歩道に行ったのはここ最近の話で。
一体どうやってこんな大きい石がここにあるんやろう
とか1,000年前の景色を想像しながら歩いてたら、あっという間にゴール地点。

写真 2017-05-20 15 34 20

汗を流しに天の川温泉センターに行ったらリニューアルされていて
キレイになってました。
床も壁もドアも、みんなキレイな木でめっちゃ温かみがありました。
中川政七商店のものも販売していて、早速忘れてきた虫よけを購入。
購入後、地面に落として壊れたのはここだけの話。

写真 2017-05-20 18 16 44

あっという間に日も暮れ…ず。
日、長くなったなーと感じながらこれも初おろしのソラチタの焚火台で焚火。

先週行った井上陽水を聞いたり、
キャンプのテーマソングと言っていい程の大好きな名曲。
ドナルド・フェイゲンのマキシムをリピートリピート。
名曲って何回聞いても色褪せないよね。
9月のライブが今から楽しみすぎる。

写真 2017-05-21 12 38 24 (1)

てなわけで、カフラ初張りキャンプ無事に終了。
帰りに週末に行く予定の三輪山を下見し、
橿原のYosemiteさんに寄って帰って来ました。
週末は念願の三輪山登拝。
気合入れていこう!

GW弾丸キャンプ

本来なら今年のゴールデンなウィークは新潟に遠征する予定でした。
しかし、前日にレオンの体調不良が発覚し様子見てとりあえず中止に。

体調・食欲・排便・テンション
上記の項目を大丈夫と判断し、予約なしで琵琶湖へGO!
朽木の方へ行き、たまたま見つけたオシャレな発酵カフェたる所に。
自家製ヨーグルトとマリアージュフレールとのマリアージュを楽しみました。

穴場スポットである某キャンプ場に昼イン。
今回もスターゲイザー。
やっぱりこの色が落ち着く。


お昼はあっさり素麺。


先日のoff the gridの戦利品を眺めてニヤニヤ。

廃盤になったこのランタン。
この子が一番好きです。

そして朝はif you have のTiMNEYでせっせと湯沸かし。
小枝がすごいパワーで燃えてくれて、あっという間に1リットル沸騰。
アルコールも楽しいけど、これも好き。
チタンも良い色になるし、最高。

最後にスターゲイザー。
カラーといい、デザインといい…
これ以上のテントに将来出会えるのかな。

Good Bye Pavilion

愛することに疲れたみたい
嫌いになったわけじゃない
by 千春松山

遂にパビリオンをオークションに出すことに決心しました。
理由は…色とかしっくりけーへんかった事とか。
限定や再販、何よりもデザインが大好きで一目惚れしたパビリオン。
ボードルームよりも好きになる事が出来なかったのです。
ただそれだけ。

khafra_sil_bm

と、御託を並べてみるも
コレの存在があったから手放すことに決めたわけで。
LOCUS GEARのカフラシルを新たに購入したのです。
と言うのも、今年からキャンプにおいてはSL(そこそこライト)路線で行こうってのもあり
担げるテントを探していたのです。

テント本体のカラーはブロンズミスト
ジップのカラーはブラック
4/5シェルターのカラーもブラック
Fullか4/5で迷いましたが、土間を作らないと靴の置場がないので4/5に。

SLで離島キャンプに行きたいのです。
小豆島、しまなみ海道の島々、屋久島、五島列島などなど。
旅猿のようなバックパッカーの如く、身軽に旅に出たかったのです。
最近ちょこちょこ集めてるSOLA TITANIUM GEAR達を連れて離島へ、今年から3~4年のテーマ。

来るのが楽しみ~。

Moss OWNER’S CLUB

SATRGAZERではずっと他社メーカーのフットプリントを使っていましたが
きたじょう工房さんでなんと専用の物が販売されておりました。

メールでお願いしたにも関わらず、ご丁寧な対応をして頂き
納期も思ってたより早く納品されました。
しかも嬉しいオマケまで♡

これで私もモスオーナーズクラブの仲間入り出来るかな。
未だかつてキャンプ場で他のモスの方をお見かした事はありませんが(^^;

湖畔CAMP

2週連続でキャンプ。
秋晴れ、気候良し、最高のキャンプ日和という事で。
すぐ行ける琵琶湖でキャンプしてきました。

img_4276

着いたら15時。
とりあえず設営して、いつものお風呂に。
ローソンで軽く買い出しして、キャンプ場に戻る。
こんな軽めなキャンプも楽~。
今回はボードルーム。

レオンは、やっぱりアウトドアが嫌いみたい。
毎日家おってもつまらんやろう、と思ってる飼い主とは違う想いなようです。
山登りとかは好きみたいなようで…
来週は山登りにしよっか。

img_4265

ほんとにいい気候で、Tシャツにちょっと羽織ったら大丈夫な気温。
天気も良くて夕焼けも沈むまでずっと見れました。

img_4266

月見酒。
珍しく黒霧島以外の焼酎をチョイス。
昔は美味しいと思ったのですが、うーん…な感じ。
飲みなれている黒霧をクリーンカンティーン800mlに並々入れて持ってってたの
早々にチェンジ。
アテはヨコザワテッパンで焼く鉄板焼き。
イカが絶品でした。

img_4258

上の写真で登場しましたが、遂にスノーピークの焚火台を購入。
理由は、ペトロマックスファイヤーボウルを忘れたから。
夜になると寒くもなるし、焚火なしでは気分も温度も上がらんかなーと。
スノーピークの焚火台に関しては、まだキャンプ熱も上がっていなかった頃
新潟でヘッドクォーターに泊まった際、隣接するショップでレンタルしたのがこの焚火台でした。
当時は道具になんの拘りもなく、とりあえずこれでいいやん的な感じで選んだ道具を使っていました。
その後、益々キャンプ熱が上がり道具にも拘り始め、一時はスノーピーク離れもあり
この記事”スノーピークの中国OEMって”を読んだ事もあり
なかなか購入には至りませんでした。
でも、フォルムといい機能性といい何か惹かれるものがずっと心の中にあったのです。
というわけで、比良のTOPPINさんで購入。
早速使ってみた所、このSサイズのミニマム感がなんとも言えない。良い!

 img_4267

キャンプ場で買った薪は松の木でした。
斧やナイフを全く持って行ってなく、太い薪燃えるかな…と心配したのも一瞬。
テントの周りに落ちていた松ぼっくりで着火後は、問題なく燃えてくれました。
レオンが嫌いな爆ぜる音も、皆無。
安心して焚火が出来ました。

img_4261

HK500も快調、ほんまにこのランタンは眩し過ぎるくらい明るい。
明る過ぎるのが、玉に瑕。
でも、好きやで。

2日目に続く。

熊野古道キャンプ #2

翌朝、目覚めた時もまだ雨。
Amemilでもがっつり雨雲に覆われる範囲。
身動きできないので、テントに引きこもる。
昨夜の雨音であまり寝れなかったせいか、二度寝。

焚火をしたり、ゆっくり紅茶を飲んだり
まったりしてました。

img_4209

こっち方面に来たら、必ず食べたいと思っていためはり寿司。
高菜の葉っぱで包まれたおにぎり。
昔小学生の頃、キャンプ場で友達になった子の
おばあちゃんの家で初めて食べためはり寿司が衝撃的で。
なんて美味しいおにぎり!!と感動した事が未だに忘れられません。
あと、その時一緒に食べたミョウガのお漬物と。
また、食べたいなー。

雨も止んだ所で、熊野本宮大社へお参り。
さすが世界遺産。
お参りの順番をチェックしつつ、158段ある石段を上って社殿へ。
レオンを背中に背負いながらの登りはきついなー。
こんなんで山小屋とかテン泊するような登山出来るんかな、と。

如何にも熊野古道歩いてます写真。

img_4203

臨時駐車場の河原での1枚。
どこを見渡しても河原と川と山。
癒されるなー。

道の駅奥熊野古道ほんぐうで買い出し。
出発前に下調べしていた、Aコープみさとが目の前にあるのですが、
道の駅と一緒になったみたい。
道の駅らしからぬ、生鮮食品が豊富でした。
地元の野菜以外はちょっとお高め。
地元のお醤油やお酢が一升瓶でめっちゃ安かった。
買おうかどうか迷ったけど、結局やめました。

 img_4194

2日目もクアハウスで入浴。
飲める温泉があったので、喉の為に…と縋る思いで飲んでみる。
味はうっすら塩っ気のある感じ。
おいしくはなかったです。

晩ご飯の献立はおでん。
刺身こんにゃく。
黒にんにく。
焼売。
梅干し、以上!

オウコバックの近くで焚火をすると
天井近辺に煙が充満する事が判明。
すっごい空気が悪かったのです。
レオンはテントの中で爆睡でした。
つづく。

熊野古道キャンプ#1

一泊二日では行けない距離とスケジューリングの為
前日から綿密な計画を立てて、熊野古道キャンプへ。

img_4219
最初の目的地は那智山にある西国三十三ヶ所の
第一番札所、青岸渡寺
那智の滝近くです。
新宮からも意外と近かった。

img_4222
この辺りは遠いイメージで西国の中でも
最後の方かな?と思っていたけど、二番目に来る事が出来ました。

img_4223-1

記念撮影の場所で写真。
何故ならば、那智の滝まで行くのがめんどくさかったので。

イオン新宮で買出して、渡瀬緑の広場キャンプ場へ。
ここのキャンプ場は予約不可、12時チェックインなので
少し余裕を見て11時30分に着いたものの既に結構な数のテントが。
空いてる隙間に無事に張れました。
今回は初めての組み合わせ、オウコバックとスターゲイザー。
ベージュコンビ。
この組み合わせを後悔するとは、この時知る由もなし。

img_4216

クアハウス熊野本宮にお風呂があり、買出しも済んで
運転する予定がないのでとりあえずビール。

img_4214

IGTはロングと普通の。
3ユニットの方はキッチンとし、ギガパワープレートを二台体制とまな板セット。
テーブルが、このぐらい広いと何かと余裕。

img_4224

ランタンはHK150、P-541、ノクターンのみ。
やっぱり明るい、ペトロマックス。

img_4213
アルミ鍋をつつきながら、飲んでたらパラパラ雨が。
パラパラから本降り、夜にはかなりの降水量。
最近パビリオンの中に過保護張りしていたスターゲイザーに
直接降りかかる大雨。
屋根はもちろんの事、地面からの雨攻撃もあり
夜中確認したら、至る所が浸水…。

img_4212
レオンも顔まで濡れる始末。
でも食欲旺盛で排便もきっちり、安心。
2日目も午後まで雨予報だったので、テントに引きこもり。
つづく。

アウトドア今昔物語

実家にて昔のOutdoor本を発見。

まさかのガクが表紙!
ガク…言わずと知れたカヌー犬です。
レオンもガクのように…という希望的観測はいずこへ。
こうして見ると、自分が如何に無駄な荷物を持ってキャンプへ出向いてる事でしょう。

右の写真にはモスが。
1997年から19年経ちましたが、なんと美しいテント。
しかもそのテントの2個も所有する事となるとは。

岐阜キャンプ、温めておいたオウコバックを張るか
安心のパビリオンにするか。
でも雨予報という。
晴れなら迷わずオウコバックなのですが。
撤収時や保管状況を考えるとなー。
とりあえず前日まで悩むこととしよう。

D’wood 

無償にキャンプに行きたくなってその日に決めて弾丸で琵琶湖まで。

荷物も最小限で…(意外とこれで事足りる)
念の為にパビリオンも持って。

img_3727

宿は定宿のスターゲイザー。
ご飯は晩御飯だけだったので、YETIもお留守番。(全然事足りる)

<持ち物リスト忘備録>

・スターゲイザー(MOSS)
ドンキーテーブル(Peregrine Furniture 【4.5kg】
タクティカルチェア(ヘリノックス) 【0.9kg】
GO-KOT  【3.85kg】
NANGA ALPINIST  【1.06kg】
ソフトクーラー11(snowpeak) 【0.6kg】
ペトロマックスHK500  【2.4kg】
P-541(PRIMUS) 【0.1kg】
ランタンスタンド(UNIFLAME 【1.3kg】
ギガパワープレートバーナーLI(snowpeak) 【2.7kg】
メスキット(トランギア) 【0.6kg】
テーブルウェアセットLデュオ(snowpeak) 【0.8kg】
ノクターン(snowpeak) 【0.1kg】
こんなもん?
総重量、約19kg。

img_3728

夕飯もシンプルに。(手抜きともいう)
久しぶりに燻製したけど、やはりヒッコリーは苦手かも…
焼酎はクリーンカンティーンに入れてったけど
1,800mlそのまま入るサイズの方が便利かも。
要検討。

img_3736

ジップロックに入れて作った氷が思いのほか便利で、模様もきれい。
弾丸キャンプ、行けてよかったな。
けど、もう夏はキャンプオフにして
涼しくなってからにしよう。

Togakushi Eastern #2

今回のキャンプは何かと忘れ物が多く。
結構メインで大事なコットを忘れてしまいました。
芝生のふさふさ感がたっぷりあったので助かりましたが。
そんなこともあり、前日の寝不足もあり起床時間は7時過ぎ。
テントの雨音で目が覚めました。

 img_3432

暫くして晴れ間が覗いてきたので、その隙に記念写真。
パビリオンとローベンス、2ショット。
インナーはスターゲイザー、設立があまりにも楽過ぎてこのパターンで当分いきそうな感じ。

img_3409

朝ごはんを食べた後は、雨が降ったり止んだり。
今回のお伴はプリウス、やっぱり燃費がいい!
雨撤収だったので、アークテリクスのbetaSLが超お役立ち。

撤収した後は、今回のメインイベントである戸隠神社へお参り。
ほんの観光感覚だけで行きましたが、なんと参詣道が2キロ…
しかも前日の雨で足元はぐちょぐちょ…
ちょっと歩くだけだと思っていたので、BOTTEGA VENETAのモカシンを履いて来た事を後悔。

素晴らしい杉の並木道を歩いたり登ったりしたら、到着。

IMG_3388[1]

今回は奥社と九頭龍神社しか行けませんでしたが、今度は五社全部回ってみたい。

お昼は念願の手打ちそば@白樺食堂
目の前には行列の出来るお蕎麦屋さんがあるのですが、絶対に白樺食堂の方に行く価値があると思います。
美味しいお蕎麦はともかく、付出?でナスの素揚げが出てきて
その後には野菜の天ぷらが出て来ます。
これが、お蕎麦を頼むと無料で出てくる素晴らしいサービスなのです。

弾丸の1泊2日の戸隠イースタンでしたが、楽しい宴やパワースポット巡りに
ご当地でのみ食べられる美味しいお蕎麦。
5時間ドライブでしたが、行ってよかったー。
次回の長野遠征は高ソメキャンプ場に行こうと思います^^

Togakushi Eastern

満を持してキャンプに行ってきました@ 戸隠イースタン

img_3377

まずは吹田SAの大阪王将にて腹ごしらえ、五目野菜汁そばと半チャンセット
なかなかのボリュームでした。
お腹も満腹ってこともあり、名神を走っていたら急に睡魔が。
湖東三山PAにて仮眠しました。
予想では一気に長野まで行って仮眠するはずが超近距離で仮眠、予想GUY。
その後養老PAまで行った所で再度仮眠。
復活して写風人さんでお馴染みの駒ケ根PAで朝ごはん。

IMG_1855

長い長い中央道を走ること数時間、信濃ICから20分ほど走った所にありました。
朝の7時頃に到着して張る場所を悩んでいたら、熊笹の向こうからガサガサゴソゴソ…
怖くなって別の場所に移動したら、デッキのみ張られている不思議な場所。
そこで張り始めたら、なんとそのデッキは修学旅行用の学生さん用の常設テントが立ち並ぶ場所なのでした。

img_3379

友達夫婦も到着し、パビリオンでお昼ごはん。
長野市内で買い出ししたMEGAドンキで買ったお寿司を。

その後ダラダラお昼寝タイムを経て、戸隠神告げ温泉へ。
戸隠し唯一の日帰り温泉です。
ここに行くまでに戸隠神社の中社を通りましたが、改めて戸隠神社の凄さを実感。

img_3423

明るいうちから宴のスタート。
今回は雨予報だったのでパビリオンで応戦。
オウコバックも持ってきたけど今度本張りしよう。

img_3380

料理の写真を撮ることもなく、焚火タイムに。
桧の香りがする薪で軽井沢のウィンナーをくるくる。
熊出没の危険性があったので、きちんと片付けをしてから就寝しました。

二日目に続く。

湖畔CAMP

パビリオンの初張りに、いつもお馴染みの青柳浜キャンプ場に行って来ました。

img_3133

片方を跳ね上げて、スターゲイザーをインナー代わりに。
予想以上に広く、予想以上に簡単な設営。
これからの季節、暑い中汗だらだらで設営する事を考えたら
この幕以外の出番はなさそうです。

img_3108

設営を終え、比良の手作り工房ひらぱんさんで色々買ってランチに。
昼寝やオーパ!を読みながら、湖畔でまったりした後
Helko Werk の斧で初めての薪割り。

img_3143

なかなかいい運動でした。

img_3144

最初の設営がしっくり来なくて、急遽建て直し。
間違えてペグダウンした結果、幕内に閉じ込められるハプニングありーの。

img_3109

比良とぴあで汗を流し、平和堂和邇店で買い出しを終え夕食。
おかひじきという野菜があり、茹でてポン酢をかけるだけ!というポップに惹かれて
どんなもんか買ってみたけど、これがなかなか美味しい!
今度大阪でも見掛けたら買ってみよう。

img_3139

購入後、初使用のペトロマックスのファイヤーボウル。
薪割りで細かく切ったこともあり、よく燃えました。
掃除も楽でめっちゃ便利。

img_3137

比良のTOPPINさんに行ったら、なんと売り切れ続出のノクターンが!
即効衝動買いでした。
OD缶が大きいのしかなかったせいか、バランスが悪くちょっとだけ点けてルミエールに変更。

img_3140

ナイフを愛でながらの一杯。
空を見上げたらキレイな星で、目の前は琵琶湖。
最高のシチュエーションです。

img_3112

実はお鍋系を忘れてしまい、急遽トランギアのメスキットを購入。
これがなかなか使いやすい…!買ってよかったー。
ご飯を炊く予定が、カレーうどんに。朝カレー。

午後から雨予報だったので、早々に撤収して帰って来ました。
次はいつ張れるかな~

しまなみ海道 #2

2日目は待ちに待ったしまなみ海道サイクリング。
FLAT1はこの為に購入したと言っても過言ではありません。

img_2960

腹ごしらえはがっつり和食の朝ごはん。
ストームクッカーを忘れて一大事でした。

まずはスタート地点、道の駅伯方S・Cパークマリンオアシス
車より自転車の数が勝ってました。

大三島大橋を渡って大三島に渡り
目指すは海鮮丼が有名な大漁さんへ。

前日に車で行っていた道の駅多々羅しまなみ公園
自転車で行くとかなーり遠い道のりでした。

 やっとの思いで辿り着いた大漁さん、GWという事もありたくさんの
人で賑わいお店の前は人ごみ。
そして名前を書いていないと午後2時まで食べられないという
非情な結末を言い渡されたのでありました。

仕方なくショッパーズ大三島という地産地消感満載の
スーパーで焼きそばを食しました。

一度キャンプ場に戻り、灼熱のデッキでコット寝して体力を取り戻し
大三島の多々羅温泉に行き、汗を流してAコープ大三島で買い出しし
昨日某ホームセンターで購入した薪がかなり湿気ていて全く火がつかないという事件があり
他の島で買おうと思っていた所大三島ののコスモ石油で薪が販売している事を
自転車で大漁に向かっている時にリサーチ済だったので無事に購入。

 02031554_56b1a434b5b3d

今回の為に購入したペトロマックスのファイヤーボウルは強風の為
出番はありませんでした。
2日目の夕食はイカのゲソ等をユニセラで焼いて食しました。

 img_2949

ずっと行きたくてウィッシュリストの中でも上位にランクインしていた事項
”しまなみ海道サイクリング”
すごく思い出に残るキャンプになりました。

しまなみ海道

念願のしまなみ海道上陸大作戦。
午後9時頃に出発し、到着したのは12時頃。
瀬戸田パーキングエリアにて仮眠。
他にも数台車中泊してはる人がいました。

最近、車中泊狙いの強盗がいるとの噂なので
タープ用のポールを手に持って就寝。

img_2949

翌朝無事に目覚め、朝焼けの多々羅大橋を眺め
サンクス多々羅大橋前店にて朝食を摂る。
時間が早かった事もあり予定外の道後温泉へ。

初めて行きましたが、こじんまりしてて昭和な感じ。
神の湯の入浴で車中泊と遠距離ドライブの疲れは一気に取れました。
伯方島へ向かう途中、フリマを発見しリーズナブルな価格でかごをゲット。

無事に伯方島に到着し、道の駅伯方にてキャンプ場の受付をし
手作りのちらし寿司を頂きました。

img_2956

今回の宿は市営の鶏小島キャンプ場
予想通り最高の立地と管理の行き届いた施設でした。
IGTのステンボックスの1ユニット(中身は重要なキッチン用品)を丸ごと忘れてしまい
今治新都市のイオンまで新たなオプションを購入しに行ったのはここだけの話。

今回初登場のAPELUCAのテーブルトップスモーカー
タジン鍋のようなおしゃれなフォルムとコンパクトだけど
プロセスチーズの塊も入るぐらいのナイスな設計。
手始めに枝豆を燻製してみました。
ギガパワープレートバーナーでは少し火の調整が難しかったものの
無事に美味しい燻製が出来上がりました。

 真ん中の写真はカマンベールチーズを燻製し
上を切り抜いてチーズフォンデュにしました。
これがびっくりする程おいしい!
燻製、はまりました。

2日目、しまなみ海道サイクリング編に続く。

ボードルーム初張り

琵琶湖畔でボードルーム初張り。

img_2888-2

かまぼこ型はBCBで慣れていたので、思いのほか設置も楽々でした。
でも夏並みに暑くて汗だくに。

img_2889-1

中はこんな感じ。
バンクルームは4人用でセッティングしてみました。

img_2899

お昼ご飯後はGOKOTでゴロゴロして、早目の比良とぴあへ。
その帰りにTOPPINさんに寄ったら、まさかのカップヌードル型チタンクッカーが!
今やオークションで1万円以上の高値がついていますが、安心の定価で購入。

img_2892-1

サイドテーブルFも初めて使ってみました。
使い勝手がよくて、2個買っておいたらよかったと早速後悔。

スクリーニングルームで夕食を…と思った所、雨が。
初張りで雨とは…尿~!
スクリーニングルームでのディナーは諦めて、バンクルームのぎりぎり際でご飯。
おしながきは、豆苗とツナのサラダ・枝豆・キムチ鍋。

img_2901-1

イスで寝落ちから、コットから転落がありーの翌朝。
雨で出来なかった焚火と湖畔でコット寝。
そして遂にモノラルの布シートがアウト。
今までありがとうございました。

img_2902-1

ほんと暑くて、半袖でも全然OK。
そして足だけ入水してみました。

img_2905-1

WILD-1からAQUAさんへアウトドアショップはしご。
来週のキャンプ用に森のろうそくを購入して帰路へ。

来週はいよいよしまなみ海道へ!

解禁キャンプ

天川村のあまご解禁に合わせてキャンプに行ってきました。

 
まだまだ寒いのでバックカントリーバーンで
ホットカーペットとアルパカ完備のお座敷スタイル。

 
日が暮れる前に早めの焚き火を堪能して


夜ご飯はポカポカキムチ鍋。
併せて鹿肉のお刺身も解凍中。
火力が強いニョルドが大活躍でした。


お酒が回る前に電灯の確保。
HK150も500も難なく点灯。
残念ながらルミエールは割れてしまいましたが。

かなり前から計画していた鹿肉のお刺身
調味料入れを忘れてしまいお醤油がなく、一大事。
キャンプ場の管理人さんにお借りして頂きましたが
やっぱりおいしい。
レオンも大層美味しそうに頂いておりました。
夜、1度眠りに入った後は数回目覚めては寝てを繰り返し
お目当てのテンカラフィッシングへ。
釣果も望めず、レオンも携帯のバイブ並に震えていたので
早々に退散しました。


朝ごはんの安定のエースコックのワンタンメンで
冷えた身体を温めて、雨降り前に撤収。
次は釣るぞー。